高校生座談会 in 安芸自動車学校 ~高校生の素顔に迫る!~
司会:
司会進行役はFM高知パーソナリティの谷本美尋と申します。
よろしくお願いいたします。では、まず初めに社長からご挨拶をお願いいたします。
山口:
安芸自動車学校の代表取締役社長 山口と申します。私が高校三年生の時と比べますと、みなさんとは20年違いです。1978年5月1日生まれ、おうし座のB型です。昨年結婚して、1歳の娘がいます。安芸市生まれ、すぐ近くの川北小学校から高知市の土佐中・土佐高校を経て、その後一年浪人して慶応大学へ進学しました。大学卒業後はそのまま東京で社会人となり、色々な会社にご縁をいただきながら働いていました。そして、2010年に高知に戻り現在に至っています。今日はざっくばらんに、今の高校生がどんなことを考えて、日々どんな風に過ごしているのかなということを知りたいと思い、各高校の先生方にご協力いただき今回の場を設定させていただきました。よろしくお願いいたします。

座談会1

司会:
続きまして、私の自己紹介をしたいと思います。私、谷本美尋は1967年9月5日生まれ、49歳、おとめ座のO型です。学生時代は、高知市の土佐女子中・高校を出て、そのあと東京の大妻女子短期大学で英語を学びました。大学卒業後は、一旦メーカーに就職しましたが、そこで三年務めて高知に戻ってきました。Uターン就職でFM高知に開局時からお世話になり、現在に至っています。二人の男の子の母親です。一人は高校三年生の男の子、まさに受験生です。もう一人は中学二年生の男の子です。息子たちは思春期で、なかなか本音を話してくれない年頃です。今日はご縁があり、息子世代の方とお話できると聞いて大変楽しみにしてきました。よろしくお願いいたします。

お互いを知ろう!

司会:
それでは、みなさん順に自己紹介をお願いします。
Aさん:
安芸高校3年、誕生日は1月11日、やぎ座、O型です。バスケ部に所属していました。
Bさん:
安芸高校3年、誕生日は12月29日、やぎ座、A型です。サッカー部に所属していましたが、今はギター部に所属しています。
Cさん:
安芸桜ヶ丘高校3年、誕生日は9月22日、おとめ座、O型です。電気技術部に所属しています。
入部のきっかけは、生活するのに電気は欠かせないものなので将来役に立つかなと思ったからです。
Dさん:
安芸桜ヶ丘高校3年、誕生日は6月2日、ふたご座、O型です。野球部と陸上部に所属していました。
Eさん:
中芸高校3年、誕生日は12月31日、やぎ座、B型です。バドミントン部に所属していました。6月に定時制の高校部門で団体優勝できました。
Fさん:
中芸高校3年、誕生日は7月31日、しし座、O型です。3年の時だけ卓球部に所属していました。定時制の大会ですが個人で2位、団体で優勝できたので全国大会にも行ってきました。今は放送部とイラストアート部に所属しています。
Gさん:
室戸高校1年、誕生日は8月6日、しし座、A型です。バドミントン部に所属しています。
Hさん:
室戸高校1年、誕生日は12月4日、いて座、B型です。女子野球部に所属しています。

夢中なこと、好きなこと

司会:
自己紹介が終わったところで、次にみなさんの「夢中なこと、好きなこと」について教えてください。
Gさん:
中学校では卓球部に所属していましたが、高校に入ってからバドミントンを始めて夢中になっています。試合も楽しいし、もともと動くのも好きなので。夢はオリンピックに出たいです。
Bさん:
高校生から始めたギターを弾くことが好きです。将来、作業療法士になりたいので、このギターを使って仕事ができればと思っています。
Cさん:
好きなことは、映画鑑賞です。
Aさん:
お菓子作りが好きです。
Dさん:
アニメが好きです。
Eさん:
東北楽天ゴールデンイーグルスを応援するのが好きです。田中将大投手の日本シリーズ最後の試合が忘れられなくて。すごく感動しました。いつか本拠地で観戦してみたいです。
Fさん:
声優さんに夢中です。
Hさん:
お裁縫が好きです。今は自分のお弁当袋を作っています。
司会:
情報が莫大にある中でどこを取捨選択していくか、難しいような楽しいようなところがありますよね。夢中なこと、好きなことがそれぞれにあって、聞いているこちらまでわくわくしてきました。

座談会2

卒業後の進路について

司会:
では、次に間もなく高校卒業を迎えるわけですが、みなさんの卒業後の進路について教えてください。
Aさん:
保育士になるために県外の専門学校に進学します。
Bさん:
作業療法士になるために、県内の専門学校に進学します。
Cさん:
地元の安芸で就職します。
Dさん:
県内に就職します。将来は声優になりたいので、働いてお金を貯めてから声優の養成所に行こうと思っています。
Eさん:
四国内の大学を受験しようと思っています。大学では、様々な地域課題を解決していく政策を学びたいと思っています。
Fさん:
四国内の大学を受験する予定です。専攻は社会学部です。
Gさん:
動物が好きなので、獣医さんやドックトレーナーになりたいです。あとは、バドミントンを一生懸命に頑張って強くなって、オリンピックに出たいです。
Hさん:
看護師になりたいです。

小さい頃からの夢?

司会:
みなさん将来のビジョンがしっかりされていますね。それは小さいころからの夢ですか?
Hさん:
今年4月に和歌山県から室戸高校に来ました。将来は和歌山に帰って、母と同じ看護師になりたいです。
Eさん:
地域学を学んで、将来は地元の北川村に帰ってきて村をもっと盛り上げていきたいなと思います。ゆずをもっと広めたいです。
Fさん:
まだ漠然としていますが、私も県内に帰ってきたいと思っています。社会学部に進学しますが、二年から自分の興味のある分野を選択して学べるシステムです。親が福祉系で働いているので、福祉に関心が出てきた時は福祉も学べるということで進学を決めました。将来は、地元に帰ってきて地域の人たちとのかかわりを大切にしていきたいです。そのためにも、一旦は県外に出て視野を広げて帰ってきたいと思っています。
Bさん:
親は福祉系ではないですが、親戚が理学療法士と作業療法士をしていたので興味を持ちました。最初は保育士になろうと思っていましたが、妹がダウン症ということもありリハビリに興味を持つようになりました。周りの人の多くが医療系だったので、自然と目指すようになりました。1つ上の姉も高知の専門学校で理学療法士を目指して頑張っています。僕は、手先が器用なのとギターの趣味を仕事にできるのは楽しいかもしれないと思って、作業療法士への道を選びました。
司会:
みなさん、しっかりと考えられていますね。現代の若者は、堅実でしっかりしているという印象があります。自分の就職に向けて何が必要なのか、就職につなげるためにボランティアをしておこうなど、夢につなげるための準備に余念がなく、これは就職に役立つからやっておこうという考え方が主流となっています。でも、もうちょっと今しかない学生時代を遊んだらどうかな?楽しんだらどうかな?とも思ったりしますけど。
山口:
確かにそうですね。ただ、自分の夢に向かって、まずはこれをやっておこうという生き方・考え方は共感できます。

どこにいても、どう楽しむかは自分次第

司会:
将来県外に出る人は、一人だけかな。あとのみんなは地元に帰りたいということですね。みなさんの地元には、心奪われる絶景の海岸線や美味しい食べ物、空と海の美しさなど魅力があふれていますよね。そんな魅力溢れる地元、東部地域にみなさんが「帰りたい!地元が良い!」と思うのは納得できますよね。ちなみに社長が地元に戻ってきたきっかけは何ですか?
山口:
初めは東京が大好きでした。中学校の時に、東京の一人暮らしに憧れて、何が何でも東京に行きたかった。自動車学校が家業ですが、初めは継ぐつもりはありませんでした。でも、祖父が亡くなったときに「戻ってこないといけないのかな…」と思いました。その当時「人から指示をされて物事をやるよりも自分でやってみたい」とサラリーマンとしての限界を感じていた頃でした。憧れていた東京から、自分の意志で高知に帰ってきました。
司会:
自分で納得して、地元に戻ってこられたんですね。やはり、自分の生まれ育った地元は家族や友達もいて落ち着くし、思い入れもありますよね。だからこそ、みなさんがせっかく地元の高知に帰ってきたのに、帰ってきたことを後悔することが一番残念だし、そうなって欲しくないです。私自身も東京から帰ってきて感じたことですが、どんな状況でも自分が決めた場所で前向きに楽しむことが大切だと思うんです。ぜひみなさん、楽しむ心を忘れないでくださいね。

将来、運転免許を取る?取らない?

山口:
ちょっとお聞きしたいですが、高知で暮らしていくには、買い物やお出かけ、仕事など車がないと不便だと言われていますよね。しかし、一方で若者の運転離れが進んでいると言われています。安芸-高知間の交通費で考えると、電車で行けば往復2,000円、新型プリウスで行けば片道120円(1リッター40km)になります。そういう面を考えると車がお得になりますが、別に車じゃなくても電車で問題ないと考える方も少なからずいらっしゃるというのが現状です。先程、みなさんに質問したところ、全員が将来に運転免許の取得を考えているということでした。免許を取って、どんな車に乗りたい?何かしたいことはありますか?
Eさん:
車で旅行に行きたいと思っています。友達とそんな話をしています。どんな車に乗りたいかは詳しくないので、分からないですけど。
Cさん:
クラウンに乗りたい。軽よりは乗用車がいいです。
Dさん:
ランボルギーニに乗りたいです。
Bさん:
車種名は分からないけど、高知に住むので免許は取りたいです。
司会:
乗ってみたい憧れの車があるんですね。恋人とデートしたり、素晴らしい景色を見に行く、または美味しいものを食べに出かけたりと行動範囲が広がるので、免許の取得を考えますよね。
山口:
そうですよね、自分の憧れの車で恋人とデートや友達とのお出かけ、もちろん生活もですが自分のペースで動けるので車が便利ですよね。

座談会3

これからのみなさんに

司会:
みなさんそれぞれに将来・未来に対してしっかりとしたビジョンを持ち、また楽しみにしていらっしゃる様子が分かり、嬉しかったです。キラキラした青春を楽しんで充実した日々を期待しています。ありがとうございました。
山口:
みなさん色々と教えていただきありがとうございました。高校卒業した20年前と根本はやはり変わっていないなと思いながらも、スマホや携帯、インターネットなどもちろん違いはありますよね。学生時代の私はどちらかと言うと女の子にモテたくて、部活や勉強を頑張ったようなところがありました。それと比べると、みなさんしっかりと計画性を持っていらっしゃるので、本当に素晴らしいですね。ただ、もう少し遊びの部分があってもいいのかなと思ったりもしました。例えば、私は採用の際に面接をします。その時に、もちろん真面目な人間であって欲しいですが、心の中に遊びの部分がある人のほうが余裕を感じられていいのかなと思っています。学業を優先しながらも、高校生という今しかない貴重な時間を存分に楽しんでいただきたいと思います。ありがとうございました。

PAGE TOP